借金返済 パチンコ依存症

パチンコ依存症を治して借金返済するには

ひと時の刺激がほしいと考えたときに、パチンコなどのギャンブルは十分に満たしてくれるので老若男女問わずにプレイ人口が多くなっています。

 

ただひと時の刺激は気分を高揚させてくれるのでポジティブな思考にするなど良い効果を発揮しますが、ただひと時の刺激に慣れてしまい何度もその刺激に出会いたいという考えにいたったときには注意が必要になります。
その代表格といえるのが、通常1時間程度で終わるパチンコを開店時間から閉店時間まで継続して続けると共にそれを毎日行ってしまう依存というものです。

 

パチンコ依存で怖い事

パチンコ依存症とは、先に言ったとおりにひと時の刺激に慣れてしまった人が再び刺激を求めるために見境なく継続して行ってしまうことです。
この依存症の何が問題なのかというと、脳が刺激を求める行動を優先してしまい本来やってはいけないことを脳が制御を外している状態なので簡単に踏み外してしまうことです。
その一番分かりやすい例が借金です

 

借金はお金が無いときに、金融機関や信託企業などに信頼を担保にお金を借りることで、お金を借りた後は指定されている期日以内に返済をする義務があります。
借金自体は日常生活で大きなお金を必要としたときに借りる機会があると思いますが、正常な場合借りたということをしっかりと認識しているため返済するための活動を行うことで破綻することはほぼ無いです

 

ただ依存症の場合は違います。
先に言ったとおりに刺激を求めたい脳は、その刺激を受けたいという思考だけにとらわれてしまいそれだけしか考えられない状態になっています。
そこでパチンコは最低でも100円から1000円で始められますが、実際に利益を出すために行うにはやはり1000円を積み重ねて10000円必要になる場合があります。10000円という金額を開店時間から閉店時間まで行えば、それは個人の出費の中でも特に高いものになりとても払えるものではないです。

 

それでも刺激を求めたい脳は制御を失っているのでお金を工面するためにお金を借りにいき、そして負けたら再び借金しに行くという負の流れを作り出すのです。
そうして何度も借りていくと気づいたときには、とても自身では返済できないような額となり破綻することになります。
ここまで発展すると個人の力ではどうにもならない状態なっています。

 

そのためパチンコ依存症となっていると判断できたときには、精神科を受診し衝動を抑えられるように相談することが良いです。

 

パチンコ依存症最新治療方法

 

パチンコ依存症の治療方法としては、まずはパチンコのことを考えないようにするということが基本となるでしょう。
特に借金があるような人は依存症となってしまうと借金が減るどころか増えていくことも少なくはありませんから、依存症になる前に考えないようにするということが大切です。
この考えないようにするということが出来ないので依存症となるということがありますが、いろいろな方法で考えないようにすることは出来るものです。

 

まずは忙しくてパチンコのことなど考えられないという状況を作り出すということがあります
パチンコというのは実は時間があるからやってしまうということがよくあります。
時間がなければ出来ないわけですから、これはかなり有効な方法です。

 

しかも、精神的にちょうどよいぐらいのプレッシャーがある状態で忙しくなっている場合は、生活に張りがあるので、他の事が気になりなくて充実した日々を送れるといったことになります。これが最も理想的だといえます。忙しくなくなると、いろんなことを考えるようになってしまいますから、ちょっと精神的、肉体的にきついというようなところまででも自分を追い込んで忙しくするというのは効果的です。

 

人は一つの事に集中するとなかなか他の事は考えられなくなります。
そして、その状態が続くと慣れてきて、それが当たり前のようにもなっていきます。
ですから、最初はちょっときつくてもかなり忙しい状態を自ら作っていくことにします
ちょっときついということは、仕事が終われば適度な疲労感がありますので快適な睡眠にもつながり健康的にもなります。
達成感というものも感じられるようになるので、これはモチベーションアップにもつながっていき、日々の充実というものにつながっていきます。この好循環が出来るようにしていくのが理想的です。

 

ただ、なかなかこうしたことが出来ないようなときには家族に相談をして、お金を持たないようにするということも考えられます。
お金がなければ普通の人はパチンコはしなくなります。
中には借金をしてまでするという人もいますが、そうなるとお金が借りられないように身分証明書なども持ち歩けないようにするということも出来ます。
最初のうちはかなりつらい感じもしますが、慣れてくれば特に不便を感じなくなります。

 

人は慣れるものなのです。
悪い習慣になれてしまうというものが依存症で、これをいい習慣になれるようにすればいいわけです。