夜逃げする方法

借金で夜逃げるするのは出来る?リスクや危険性

借金が思うように返済できなくなると、債務者の思考は偏りがちになってしまいます
返済の方法を見つけるよりも現在の問題からどうやって逃げようか、真剣に考え始めてしまうのです。
その手段のひとつに「夜逃げ」がありますよね。

 

借金を返済するだけの収入があればいいのですが、さらに新しい借金を作り、多重債務になると逃げ道が全く見えなくなってしまうのです。
では夜逃げで本当に借金は解決するのでしょうか。一時的な思い付きで行動をするのは大変危険です。
そこで借金の夜逃げのリスクについて見ていきたいと思います。

 

夜逃げするリスクについて

借金で夜逃げに成功した人はほんのわずか。
現実的には夜逃げで借金から逃れることはとても難しいのです

 

仮に夜逃げをしたとしましょう。
まず違う市町村に移動して新しい生活を始めようと思いますよね。しかし金融業者がチェックするのは住民移動しているかどうかという点です。

 

もし移動せずに今のまま暮らしをしたとしても、取り立てが来るなど安定した職に就くことができません。
すると収入が不安定になるため、借金を返済していた頃よりももっと生活苦になるのです

 

さらに住民登録をせずに生活をした場合は健康保険に加入できない為、万が一の際に病院にもいけません。借金問題はそもそも民事上の問題で警察が介入するような違法性はありません。

 

しかし夜逃げは債権者の存在がある以上、大変ストレスになり安心して生活を営むことはできないのです。

 

夜逃げがバレやすい理由とは

夜逃げがそう簡単に成功しないのはわけがあります。
まずは住民票の移動です。夜逃げした後に新しい住民登録をするとそこから債権者が見つけ出す可能性があります。
また夜逃げ屋と呼ばれる人を介して逃げる手伝いをしてもらったところ、債権者とグルになっていたなんて場合もあります。

 

借金は自分以外にも家族や友達も知っている場合がありますので、第三者から居場所の情報が漏れてしまう可能性もありますよね。
さらに借金の連帯保証人は自分に返済義務が降りかからないように、必死で債務者を見つけ出そうとします。このように夜逃げはバレる確率の方が圧倒的に高く、今ではマイナンバー制度が普及していますので、さらに管理されやすくなっています。

 

夜逃げする人は激減

借金で一家が夜逃げ、なんてまるでドラマのような話は最近では実は激減しています。
その理由のひとつに貸金法が改正されて悪質な取り立てが減っている背景があります。

 

テレビコーマシャルで有名な消費者金融はかつては激しい取り立てをするなど、決して良いイメージはありませんでしたよね。
しかし今では延滞の場合など督促に関する方法は細かい規定がありますので、債務者にとってストレス要因は減っているといえます。

 

また現代はインターネットの時代のため、借金返済に関する豊富な情報が簡単に手に入るようになっています
誰にも相談できない借金問題もメール相談や電話相談でアドバイスをしてもらうことが可能なのです

 

債務整理に強い弁護士とは

合法的に借金を解決する方法に債務整理があります。
夜逃げしたいほどの借金苦を抱えていると、専門家に相談するところまで頭が回らないかもしれません。

 

しかし債務整理は借金返済の義務がなくなるなど、債務者にとって一番の解決策になるため弁護士に相談する人も大変増えています。

 

そこで知っておきたいのが債務整理に強い弁護士さんの特長です。
弁護士といっても傲慢な態度でとても事務的に対応する人も少なくありません。
債務整理に強い弁護士はもちろん有名な方が安心ですが、解決に向けて弁護士を選ぶ時に必要なのは、しっかり話を聞いてくれる親身な態度です。

 

相性が合わない人とはなかなか良い解決策は見つかりません。正式に依頼する前に何人かの弁護士さんと会いよく比較するとよいでしょう。

 

弁護士はネットで探そう

弁護士といっても日本全国にいますよね。
自分と一番相性があう人を見つけるには、情報量が一番多いネット検索がオススメです。
弁護士の相談はとても費用がかかりそうな不安がありますが、困っている人を助けるため初回は無料で相談にのってくれる弁護士さんも多く存在しています。

 

まずどこから探していいかわからない人は、当サイトを利用してください。
借金に悩む人の立場になり、真剣に話を聞いてくれる弁護士さんが見つかりますよ。

 

借金で夜逃げする前に債務整理で合法的に対処することを考えてみませんか。
夜逃げで一時的に債権者から逃れても、必ずバレて後でもっと大変な思いをしてしまいます。
人目を忍び今後生活をするよりも、債務整理で自分に一番合った方法で借金を解決しましょう。

 

近年債務整理がしやすい環境が整っていますので、夜逃げの選択しかないと諦めている方は、まず一度弁護士に相談してみましょう

 

借金を抱えているとマイナス的な発想ばかりになってしまいます。
そんな時こそ専門家の経験と実績が大きなサポートになりますよ。