借金返さないとどうなるの?

借金を返さないとどうなる?リスクや危険性利息について

銀行やクレジットカード、消費者金融からの借金は、返済日に合わせて支払うことが基本ですよね。
しかしなかには返済できない、返済したくないという人も存在し、業者からの督促も無視し続ける場合があるようです。

 

では借金は返済せずにそのまま放置したら一体どうなってしまうのでしょうか。
また返したくても返済が困難になった時には、どんな対処方法があるのか詳しく見ていきたいと思います。
借金は大変精神的なストレスになり、そのまま放置しておくのも大変です。
一番良い解決方法をご紹介しましょう。 

 

収入があって返済しない場合

借金をした後に失業したり、病気で働けなくなる可能性は誰にでも起こり得ることですよね。
返したくても返済ができない場合以外には、収入があるにも関わらず借金を放置する人もいます。

 

このような状況が相手の金融業者にバレた場合は、法的な手続きをして給料の差し押さえを行ってくる可能性があります。差し押さえは強制執行のため債務者が逃げることはできない為、返済をせざるを得なくなるのです。
また給料の差し押さえをするには勤務先にも借金がバレてしまうため、社会的にも支障がでてしまいますよね。意図的に借金を放置する場合は、相手の業者の対応も強くなりますので、必ず返済を続けることが大切です。

 

連絡をせずに借金を放置する場合

どうしても借金が返せない時。
そのまま放置する以外に方法がないこともありますよね。まず借金の返済が遅れると業者から支払いの督促の連絡が入ります。それでも反応がない場合は手紙を郵送してくるなど、いつまでも無視をすることはできません。

 

さらに業者は自宅に督促にやってくる場合もありますので、近所の手前あまりうれしいことではありませんよね。金融業者が自宅にやってくるのは、悪徳なサラ金の違法な取り立てのイメージがありますが、現在の法律では債権者が時間を守り訪問するのは全く問題にはなりません。

 

強引な取り立てをするのでなく、業者は債務者の自宅に訪れて今後の返済計画を話し合うために来るのが目的です。

 

借金の時効について

借金をずっと返さないで放置すると時効になり返済義務がなくなるという話がありますよね。
実際に借金の時効により逃げのびた方はいるようです。

 

しかし現実的に借金を時効まで持ち込むのはほぼ不可能で、業者も黙って放置しておくわけにはいきませんよね。そもそも借金の時効は5年間で成立しますが、この間に金融業者は時効の中断手続きなどを取るため、放置しても簡単に時効にはならないのです。

 

また途中で1円でも返済すると、時効は最後の返済日から計算されるためさらに時間もかかってしまいます。時効成立まで逃げ切るのは思っているほど簡単ではありません。給料の差し押さえなど強制執行をされる可能性もあり、さらに借金問題が複雑になってしまいます。

 

債務整理で解決する方法

借金を返せないときの対処方法として債務整理があります。
借金苦で悩んでいる方は最終的に自己破産になる不安がありますが、債務整理にはその段階の前で個人再生や任意整理といった法的な手続きをすることも可能です。

 

借金問題の解決方法は色々ありますが、夜逃げや借金を無視し続ける方法は将来的にダメージが残るため、合法的な債務整理などの正しい対処方法をとることがオススメです。
借金の種類によっては払いすぎた金利を返還してもらう請求などもありますので、自分の借金の特性を理解して一番効果的な改善策を見つけることが大切です。

 

消費者金融、クレジットカード、サラ金などあらゆるところで借り入れができますが、どの業者でも返済しない人をそのまま見逃すことは絶対にありませんよ。

 

弁護士にアドバイスしてもらう

借金を返せなくなった時は、そのまま連絡せず放置するのは一番避けたいことです。
一番安心できる正しい対処法は弁護士に相談する方法です。

 

でも弁護士と見つけるには、まずどこから探していいかわからないですよね。
オススメはネットの弁護士検索サイトを利用することです。
無料相談を行う弁護士も多く、費用面についての相談、そして借金対策についての色々なアドバイスなど、専門家の立場から合法的な解決策を見つけてもらえます。

 

借金を返さないまま放置するよりも、きちんと対応をした方が精神的な不安も軽減されますよね。
いつまでも誰かに追われたように生活するのは決して楽ではありませんし、借金から逃げ切ることはほぼ不可能なのです。

 

借金問題の相談は当サイトでご紹介している弁護士がオススメです。
借金を返さないと取り立てや強制執行、また自分の信用情報に記録が残るなど、ずっと傷を背負ったまま生活をしないといけません。

 

返済ができない、今後困難になりそう、と思った場合にはすぐに弁護士に相談してください
少しでも早い方がさらに自分にメリットになる解決策が見つかりやすくなりますよ。
借金を返さないとどうなるか頭を悩めるよりも、自分に合った合法的な解決策を見つける方が安心ですね。