借金返済の無料相談専門の弁護士が秘密でばれない方法教えます!

借金の金利を知る

借金をしたら金利がかかるのは基本的な常識ですが、利率がいくらになるかは借金によって違います。そのためお金を借りる時は金利が低い方が得になるため、借りる業者をしっかり比較することが必要ですね。

 

借金は銀行や消費者金融、クレジットカードなど色々なところで借りることができます。サラ金と呼ばれる違法業者は高額な利息を徴収することで知られていますよね。
借金は金利が返済トラブルの原因にもなりますので、その特徴をよく理解しておかないといけません。

 

では借金の金利の上限はいくらか、また金利の種類についてご紹介したいと思います。

 

法定金利について

2010年に貸金業法が完全施行され、現在の金利の上限は厳しく決められています
借入額が10万円以下の場合は上限金利は20%、10万円〜100万未満は上限金利が18%、100万円を超える場合は15%となっています。

 

これらの法律で決められた上限金利を超えて設定してはいけないと規制されているため、昔のような高額な金利はなくなっています。
また借金は貸金業法以外にも利息制限法、出資法という法律も関係し、厳しく法的な規則にのっとりお金の貸し借りをするようになっているのです。

 

過去は上限金利が29.2%という時代もあり出資法の上限が20%に改定されたことに合わせ、そのほかの規則でも現在では上限金利が20%と定められています。しかし実際には違法業者による違法な金利請求もいまだに残っているといわれています。

 

金利計算の仕組みについて

借金の種類は金融業者が提供する様々な商品によって金利が若干が異なります
そのため自分がいくらどれぐらいの借りるかにより、うまく比較しないと損をする場合もありますよね。金利の計算は返済方法によっても異なり、毎月返済額が一定の元利均等や返済元金額が一定の元金均等返済などにより多少異なります。

 

クレジットカードの支払い方法で人気があるリボ払は、毎月返済額を固定しているため金銭管理がしやすいメリットがあります。しかし返済期間が長くなるためトータル的には金利を多く払うことになってしまいます
このように利率だけを見ただけでは本当に得か損かわかりませんので、借金をするときは返済シュミレーションを使って計算すると参考になりますよ。

 

金利が高くなる借金とは

借金はカードローンやキャッシングなど色々なタイプがありますが、どんな借金も基本的には借入額が少ないと金利が高くなる傾向があります。
マイホームローンなど高額な借金は、使用目的がはっきりしていることや返済期間が長くなる点などを考慮して、キャッシングサービスの金利よりも低く設定されています。
借金をするときは金利だけにこだわらず、自分の目的に合わせて一番返済が楽な借金を見つけることが大切ですね。金利だけをみるとさほど返済の負担がないように見える場合もありますが、それが何年もかかり返済する場合は金利しか返せないことも多く、結局借金地獄にはまってしまう落とし穴もありますのでご注意くださいね。

 

グレーゾーン金利について

かつて出資法の上限金利が29.2%の時代は、出資法に違反しない範囲で高額の金利を請求していた金融業者が多く存在していました。
本来の15%〜20%の金利を超え、出資法の上限になる29.2%の間で金利を設定したものを「グレーゾーン金利」と呼んでいます。

 

このため金利の返済ですら困難になり借金苦になる人が増え社会問題にもなりましたよね。
現在はグレーゾーン金利でお金を貸す業者は存在しません。
払いすぎた金利に関しては返還請求手続きができますので、気になる場合は弁護士などの専門家に相談してみましょう。
過払いの請求は時効が10年となっていますので、早めに手続きをした方が安心ですよ。

 

個人間の借金の金利について

友達や家族など個人間で借金をした場合の上限金利は、金融機関で適用している利息制限法の利率が生かされています。
出資法では個人間の借金の上限金利は109.5%と決められ、これ以上請求すると罰則の対象になります。個人間の場合は双方の合意により金利が自由に決められてしまうことを避けるために、上限金利が出資法で決められています。

 

しかし実際は年109.8%も金利を請求する人は少なく、借金トラブルの裁判などでこの数字が生かされることがあります。仮に出資法の上限金利で個人間で借金をした場合、100万円を借りたら利息だけでも109.5万円になります。30日間借りただけでも利息は9万円になるため、実際にこの上限金利で貸し借りをする人は少ないといわれています。

 

借金をするときは念のため、必ず金利のチェックをしておきましょう。最近は30日間無利息キャッシングなどとても魅力的な商品も増えていますよね。

 

低金利でも返済が遅れてしまえば大きなダメージとなります。上限金利をまずは理解して借金トラブルにならないように慎重に返済計画を立ててくださいね。