借金返済の無料相談専門の弁護士が秘密でばれない方法教えます!

借金を返さないで督促状が、放っておくとどうなる

返せない借金があると、どうしても現実から目を背けたくなります。
返済をせずに放置しておくと業者からは色々な形でコンタクトをしてきますよね。

 

借金の督促状が来た時は、どんな対応をするのが一番良いのでしょうか

 

さらに督促状も無視してしまうとどんな状況になるのか、借金トラブルの始まりについて詳しく見ていきたいと思います。

 

借金をしても問題なく期日までに完済するのが一番の理想ですよね。しかし収入が減ったり仕事ができない状態では、借金返済のめどがつかなくなるのは仕方がありません。
こんな万が一の場合の対策を考えてから借金することも大切ですね

 

借金の督促状って何?

借金を滞納した時に金融業者から送られてくる督促状を見るとドキッとしませんか。
督促状は約束の期日に支払いがされていない時の、請求を要求する内容になっています。
借金の返済をせず連絡もせずに放置しておくと、まずは業者から電話連絡がくることが一般的です。さらにハガキなどの郵便物で督促をされ、それでも返済がされない場合には業者から督促状が送られてきます。

 

最終的には通知書と呼ばれるものが送られ、決めれた期日までに返済がない場合は訴訟を起こします、というような内容で請求されます。
督促状は返済を促すもので、例えば引き落とし口座の残額が足りない場合や、うっかり返済期日を過ぎてしまった時など、請求を催促する内容になっています。借金の督促状の文章は金融業者ごとに若干内容は異なりますが、請求金額支払期限、支払い方法といった詳細が記載されています。

 

督促状と催告書の違いについて

督促状は借金を滞納した早期の段階で送られてることが多いのですが、それと若干ニュアンスが似ているもので「催告書」と呼ばれるものがあります。催告書は督促状と異なり、内容が若干厳しくなっている点が特徴です。

 

催告書は内容証明郵便で送られてくる場合が多く、どのような内容の文書をいつ送ったかという事実が公的に証明されるものです。内容証明郵便には受け取った側が行き違いで書類がで届いてないと言えない点や、時効を止める効果があることも特徴になっています。

 

内容証明郵便を送ることで、業者は時効のカウントを新たに始めることが可能になります。借金を滞納した場合は始めは貸金業者も柔軟な態度でアプローチしてきますが、いつまでも反応がないと徐々に厳しい態度に変わっていきます。

 

督促状の正しい対処方法について

借金督促状が届いた場合、一番理想的な対処方法は業者が指定する期日までに返済をすることです
しかしどうしても返せない場合は、督促状が送られてきても無視する以外に方法はありませんよね。しかし支払えない場合も、本来ならば業者にその旨を伝えることが必要です。

 

督促状の段階は、相手業者もまだ余裕をもって対応してくれる場合もありますので、指定期日までに支払いができなくても支払い期限を延期してもらうことや、分割支払いに応じてくれる可能性もあります。

 

一番避けたいことは督促状がきて無視をすることで、場合によっては法的な手段を取られることも考えられます。悪質な業者からはまったく覚えのない借金の督促状を送りつけてくるケースもありますので、借金をしている人はまず督促状の内容をしっかり把握しておきましょう

 

返せない借金は放置した方がいい?

督促状や催告書を無視した場合、次に考えらえることは業者が給料や財産の差し押さえをすることです。マイホームや車を競売にかけてその資金で回収に補充する仕組みになっています。
借金をいつまでも放置しておくと、最悪の場合はこのような法的手段があり具体的な日付も連絡されないまま、ある日突然財産を差し押さえられてしまうことにもなりかねません。

 

借金が貸せない時、督促状が来ても対処できない時はそのまま放置はせず、なにかしらの反応をすることが必要になりますね。債務者のなかには自分の財産を守るために夜逃げして連絡が取れなくなることもあるため、業者も借金の回収のためにあらゆる手段を使ってきますよ。

 

少しでも早く弁護士に相談をしよう

借金の督促状が届いて自分で対処できない場合は、すぐに借金問題を扱う弁護士に相談しましょう。
ネットで弁護士検索がすぐに出来ますので、最初は無料相談を利用して気軽に問い合わせをしてください。

 

借金を滞納して督促状がきてしまった、返済ができない状態である場合など。
こんな時には合法的に借金を整理する手段が残されています。債務整理と呼ばれる方法は借金をゼロ円にしたり、相手業者との交渉で借金を減額してもらうなどの方法もあります。

 

返済ができないからといえ、無視しつづけるのは一番危険な方法ですよ。昔のような違法な取り立ては減ったといえ、借金をそのまま返さずにすんなり逃げることは不可能なのです。

 

弁護士を見つけるならネット検索が一番便利です。
無料相談はメールで24時間対応していますので、緊急な場合でも安心して相談ができますね。