弁護士に相談しましょう

弁護士に相談しましょう

身近な存在で手軽に借金をする方法としては、最近では消費者金融のキャッシングを使う方法があります。
キャッシングであれば担保を必要としていませんし、審査に通過することですぐに融資を受けることが可能です。

借金返済が苦しくなってしまったら

借金額が多額に上ってしまったときには、毎月の返済が苦しくなってくることが考えられます。
自分の力で借金を返済していくことが難しいと感じたときには、法律家である弁護士に相談することができます。
弁護士に相談することによって、債務整理の手続きを提案してもらうことが可能となり、債務者の収入や背負っている債務額に応じて、適切な解決法をアドバイスしてもらえます。

 

主な債務整理の手続きとしては、自己破産や任意整理、個人再生などがあり、どの方法が最も良い手段になるのかは、債務者個人によって異なります。

 

一定の収入を得ていて、債務額を縮小することで返済を継続できるのであれば、任意整理や個人再生によって解決を目指せます。

 

債務整理それぞれの条件

任意整理と個人再生は借金の全てを免除するものではなく、返済金額を減らすことで完済を目指す手続きとなっており、毎月の安定した収入を得ている人で返済が可能であることが条件となります。

 

安定した収入を得ていない債務者の場合には、債務整理の中でも自己破産を選択することで解決が可能です。自己破産は裁判所に破産の申し立てをして、免責を認められることで抱えている全ての債務を返済しなくても良くなりますので、借金問題を無くしたい人の最後の手段として用いられている制度です。