生活保護申請は借金があっても可能か?

生活保護申請は借金があっても可能か?

現在、わが国における生活保護の受給者が増え続けています
当然申請者も増えているわけでありますが、中には消費者金融業者やクレジット会社からの借金を抱えた状態で生活が困難となり、生活保護受給の申請を行う人も少なくありません。

 

借金問題を抱えたまま生活保護を受けられるか?

生活保護申請は借金があっても可能であるかといいますと、
借金がある状態では生活保護の受給は不可能です。
その理由には、生活保護で受給される金銭はあくまで生活のためのものであり、生活保護で受給した金銭を借金返済に使用することは許されていないからです。

 

ですから、いくら生活に困窮していても借金のある状態では生活保護申請そのものが受け付けられないことになります。
このような場合、多くの市町村窓口では自己破産の申立を条件として提示します。
自己破産を申立て、免責を受けることによって借金を法的に消滅させて生活保護を受給可能な状態にするためです。

 

生活保護受給のためなので破産申立の理由もはっきりしています。生活保護受給の段階でほとんどの人が所有する財産などが皆無の状態となっていますから、所有している財産の処分の必要が無く、自己破産手続き自体もスムーズに進行します。

 

ただし、自己破産申立の手続き費用については自分で捻出しなければなりません。
自己破産申立が行われたのち破産宣告があり、同時に免責許可申請に移行。

 

何も問題が無ければ免責許可が下り、借金は法的に免除となり、生活保護申請の条件が揃います。