借金返済の無料相談専門の弁護士が秘密でばれない方法教えます!

借金を踏み倒すことは出来る?リスクや可能性

借金が返せない時、頭のなかをよぎるのが借金の踏み倒しです。

 

そのまま放置して返済をしなければなんとかごまかせるのでは?なんてアイデアが浮かんでしまう時があります。
毎月送られてくる借金の明細書を見るのはストレスになりますよね。

 

このまま無視し続けたら借金は一体どうなるのでしょうか。
「借りたものは必ず返す」という常識が通用しないことも場合によってはあります。借金も最初から踏み倒すつもりで借りる人は少ないですよね。

 

ではそんな選択しか残されていない人は、どうやって借金問題を解決するとよいのでしょうか。
早速ですが借金の踏み倒しのリスクについて見ていきましょう。

 

時効で借金の踏み倒しはできる?

借金の踏み倒しなんて絶対にできないと思われますが、方法が全くないわけではありません。
そもそも借金は時効となる消滅期間がありますので、それまで借金を放置しておけば踏み倒しすることは事実上可能になります。

 

借金は銀行、消費者金融などどこから借りたものでも時効があります
時効が消滅すれば返済の義務はなくなるため、借金の踏み倒しをするためには時間がかかります。

 

時効を成立させる方法

借金の踏み倒しをするにはまず時効を成立させないといけません。
借金の種類により時効の消滅期間が異なります。個人同士の借金は10年間、商品購入した時の借金は2年、貸金業者からの借金は5年、飲食代の借金は1年と法律で定められています。

 

この時効ですが借金の契約をした日から計算するものでなく、返済期日からカウントしています。金銭消費貸借契約書に通常は返済期日が記載されていますが、明記されていない場合は契約日から数えましょう。

 

また借金の踏み倒しは一切返済をしないことが条件となります。たった1円でも返済した場合は、消滅機関がふりだしに戻ってしまいます。
仮に借金の消滅期間を迎えたとしましょう。時効を成立させるためには「時効の援用手続き」を行います。口頭やメールなどで債権者に時効の援用をするだけで成立となりますが、法的効力を生かす為には内容証明郵便で債権者に通知した方がよいでしょう。

 

しかし実際には時効成立するまで借金を放置するのは不可能です。取り立てなど債権者からあらゆる形で督促をしてきます。

 

知っておくべき踏み倒しのリスクとは

借金の踏み倒しは一見借金がちゃらになる方法に見えますが、実際に成功する確率は少なく、しかもリスクがあることを覚えておかないといけません。

 

借金の踏み倒しするには住民票を移動して身を隠す方法がありますが、それは業者に居所を見つかる原因です。また時効成立するには強制執行期間が10年もありますので、合計で最低でも15年間は債権者から逃げ続けないといけません。

 

また借金の踏み倒しが成功しない場合は、逃げ回っている間返済を滞納しているわけですから、借金が膨大な金額に膨らんでしまいます

 

必ずしも借金を踏み倒せるとは限りませんので、リスクについて理解しておかないといけませんね。借金の踏み倒しにはメリットはなく、デメリットやリスクばかりです。

 

悪質な業者を相手にした場合は、命の危険すら抱えることにもなりかねませんよ。また借金から逃げている間も、金融業者から強制執行により財産の差し押さえをされてしまうこともあります。

 

借金を返さない法的な手続きをしよう

借金を返さない法的な方法があります
債務整理と呼ばれる借金の解決策は、金融業者と交渉により返済期間を延ばしたり、自己破産で借金をすべてチャラにすることもできます。

 

借金といっても借り入れ残額や返済能力によりそれぞれ適した解決方法は異なります。借金は毎日びくびくしながら数年間生活をするよりも、債務整理できちんと解決した方が生活が穏やかに、そして再スタートするチャンスもやってきます。

 

そのためには自分ひとりの考えではなかなか良い解決への道は見つかりません。
借金の悩みがある方に一番オススメしたいのは弁護士さんに相談する方法です。

 

弁護相談をしよう

借金問題の実績がある弁護士さんを見つけるにはネット検索がとても簡単です。自分の住んでいるエリアから探し、無料相談できるところを見つけましょう。弁護士の費用も分割払いなどに対応してくれるところも増えています。

 

何よりも一番の魅力は法的な借金解決ができるため、一生人目を気にしながら生活する必要はないのです。弁護士さんといっても色々な案件を扱っていますので、借金問題に精通した人や実績数の多い弁護士事務所を中心に探してみましょう。そして何よりも悩み解決するには、自分と相性の良い弁護士さんがいいですよね。

 

そこでオススメしたいのは当サイトでご紹介している弁護士です。まずは気軽に初回の相談をしてみましょう。早く借金問題を解決したいならば、専門家のサポートが必要ですよ。

 

借金の踏み倒しはリスクばかりでオススメはできません。
借金が返せない時は逃げ回るよりもきちんと専門家に相談して、正しい方法で解決しましょう。

 

 

 

借金が返せない時の逃げ道として踏み倒しがあります。本来借りたものは返すのが常識ですが、失業や病気のため収入がゼロになる場合もあります。借金の踏み倒しだけが残された方法だと勘違いしている方は少なくありません。

 

では実際に借金を返さずに解決する方法なんてあるのでしょうか。
借金の踏み倒しの方法について詳しく見ていきたいと思います。どんな条件を満たせばいいか、本当に踏み倒しは成功するのか、早速ご紹介いたします。

 

借金の踏み倒しってなに?

借金の踏み倒しとは、その名の通り返済をせずに借金を無効にする方法です。
そんないい方法があるなら、借りるだけ借りて後は放置しておけばいいなんて安易に考えてしまいますよね。

 

しかし実際には借金の踏み倒しは困難といわれています。近年リストラや給料カットなど、収入が激減する方も多く当初の予定通りに借金返済ができずに困っている方が増えています。そのまま返済をせずに逃げてしまおう、なんてことも頭をよぎるかもしれませんね。借金の踏み倒しは時効が成立すれば成功です。

 

しかしそのためには色々な条件やルールがあることを知っておきましょう。
そもそも借金の時効とは、長い期間の債権者と債務者の関係を不安定なまま継続させないことが目的です。一定期間返済していない、請求してない状態は、そのまま権利を行使せず保護しない考えが基本になっています。

 

ちなみに借金の踏み倒しは、時効の援用という法律によって決められていますので罪になることではありません。

 

借金を踏み倒す方法について

借金を踏み倒す為の「時効援用」を適応させる条件としてまず時効期間が経過しているかどうか判断基準になります。
借金の時効は5年から10年あり、債権者が個人か金融機関、もしくは飲食代金のツケなど相手により時効期間が異なります。

 

この期間は一切返済をしてはならず、たとえ1円でも返済をすれば支払い義務を理解していると判断され、時効の期間がさらに伸びてしまいます

 

時効援用をするためには手続きが必要で、承認してもらうために債権者にあたるクレジットカード会社や銀行に、時効成立したことを通達して返済しないことを伝える手続きが必要です。
時効援用の手続きは特に決められた細かいルールはありませんが、一般的には内容証明郵便で債権者に通知する方法が利用されています。

 

借金を踏み倒した後はどうなる?

借金の踏み倒しが仮に成立した場合ですが、この事実は金融取引上の事故として取り扱われます。
そのため将来何年間かクレジットカードを作れない、銀行や消費者金融から借り入れができないなどのデメリットがあるのです。借金の踏み倒しは、個人信用情報機関に事故情報として記載されます。そのためこのような過去があると、将来的に不利になる場面も色々とでてきてしまいます。

 

返済が困難になった時にすべきこと

借金の踏み倒しは事実上成功させることは可能です。
しかし個人で債権者を相手に対応するのはとても難しく、さらにトラブルが広がる可能性もあります。
返済が困難になった場合はまず弁護士に相談しましょう。

 

借金の踏み倒しも解決策の一つとして選択の余地はありますが、債務整理で法的に借金を解決することも考えてみましょう

 

返済できない借金は、支払いをせず時効期間が過ぎるのを待つのは時間がかかります。必ずしも成功するとは限りませんし、途中で債権者からの取り立てや差し押さえをされる可能性もあります。時効援用が成立しても、その後の生活はすべて現金生活になり実際には不利なことばかりなのです。

 

借金を返さない方法はある?

借金を返せない時は、踏み倒しする前にほかの解決策を考えてみましょう。
借金をゼロ円にする方法には「自己破産」があります。裁判所を通して手続きを行い、債権者に対して借金を帳消しにしてもらう法的な方法です。自己破産をすると財産の没収や新たなローンが7年間組めないなどのデメリットもありますが、借金の踏み倒しと比較すると正当な手続きなので不安な生活を送る必要はありません。

 

自己破産以外にも任意整理や特定調停など借金を軽減する方法がありますので、弁護士のアドバイスで一番正しい方法で借金問題を解決しましょう

 

弁護士を選ぶ時はネット検索がオススメです。アクセスのよい場所や無料相談を行っている事務所など、色々な検索条件から探すことができます。一番大切なのは信頼関係が築ける間柄ですよね。経験豊富な弁護士を見つけるには、ぜひ当サイトをご利用ください。

 

借金の踏み倒しをするには、困難な条件を満たすことが必要になります。簡単に借金がなくなることは現実にはありません。しかし正当な方法で問題を解決すれば、何年間も債権者の目から逃れるような生活をする必要はないのです。

 

債務整理はそんな債務者を助けるための法的な手続きなので、まずは借金問題に強い弁護士に気軽に相談してみましょう。自分では思いつかない解決方法など、色々なアドバイスをしてもらえますよ。