一本化の手続相談

借金の一本化とは?

借金問題の解決策の一つに一本化がありますが、よく聞く言葉なので耳にしたことがある人は多いと思います。
借金の一本化は必ずしもすべての問題を解決できるとは限りません。
借金はそもそも金額や返済方法、金利によっても一番適した方法が異なります。

 

では借金の一本化にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。
一見とてもメリットが多いようにも思える一本化ですが、いきなり飛びついてしまう前に詳しい特徴について理解しておきましょう。借金を少しでも減らしたい方はぜひ参考にしてくださいね。

 

借金の一本化とは何?

借金の一本化、最近では「おまとめローン」と呼ばれることもあります。
この名前の通り複数から借金をしている人が、一つにまとめることで、これにより借金の負担を少しでも軽減することが目的になっています。

 

現在借りている借金の金利がほかの金融機関よりも高い場合は借金をまとめた方が楽になります。借金の一本化の仕組みは、金融機関から現在の借金と同額分を借り入れてそのお金で借金をまず返済します。そして金融機関で新たな融資の返済をする仕組みになっています。

 

総量規制という法律ができてからは、金融機関が貸し付けを多くしないように、個人に対しては年収の1/3が貸し付け額の制限になっています。一本化した場合は、基本的にキャッシング、クレジットカード、リボ払い、消費者金融以外は総量規制の対象外となっています

 

金利を安くすることが可能

借金の一本化のメリットとして今よりも金利を安くすることが可能です。
金融機関ではおまとめローンに大変力を注いでいるため、色々な宣伝や広告を見かけることもありますよね。

 

最大のメリットは今よりも金利を安くして負担を抑えることなのです。返済を楽にして精神的な負担を抑えることもメリットになりますよね。
借金は借りる時は楽でも、返済が何年も続くとリストラをされて返済が予定通りにできなくなるなどの可能性もあります。そんなトラブルになった時も、借金の一本化により困難を乗り越えることが可能なのです。

 

おまとめローンは今よりも借金の負担を減らすことが目的なので、金利の違いについてしっかり比較をしましょう。

 

金銭管理が楽になる

複数から融資をうけている場合、借入金額や月々の返済額、返済日などそれぞれで異なりますよね。
毎月お金の管理をするのが面倒になるだけでなく、場合によっては返済日を間違えしまうことすらあります。支払日を過ぎてからの返済は、個人の信用情報に傷がつく場合もありますのでできれば避けたい状況ですね。

 

借金の一本化をすることで、管理がとても楽になるメリットがあります。
毎月の返済日がまとまるので、返済管理が苦手な人にはとてもうれしいですよね。
借金の返済は「うっかり」だけは避けたいことです。

 

一本化すればその不安も減るため、給料日の後の返済日など管理しやすいスケジュールが組めるようになりますよ

 

一本化する審査が厳しいデメリット

借金の一本化はとても簡単にできるイメージがありますが、初めて融資を受ける時と同様に、一本化するためには審査に通過しないといけません
今の金利よりも低いところで借りなおすとさらに厳しい審査があることもあり、せっかく計画しても希望通りにならない場合もあるのです。

 

特に融資の審査が厳しいといわれている銀行では、低金利の場合の審査はとても厳しく、5社以上の複数の借り入れがあると審査に通らない可能性が多いともいわれています。
また一本化しても借金自体が減るわけではありませんので、借金の額が多すぎる場合はおまとめローンでは解決できない場合もありますよ。

 

債務の残額が増加してしまうデメリット

借金の一本化にはもちろんメリットだけでなくデメリットもあります。
基本的に借金を一つにまとめで金利負担を軽減することが目的ですが、場合によっては金利が高くなり逆に負担が増えてしまう場合もあります。

 

消費者金融で行うおまとめローンは金利が15%〜18%。銀行で14%〜15%といわれています。
どうしても一本にまとめたい場合は、損をしないようにしっかり比較することが大切ですね。
債務の負担が増えてしまうのであれば、現状のまま返済を続けた方がよいでしょう。
負担が多すぎる借金の場合は債務整理で借金問題を解決する方法があります。
借金の額を減らし返済のストレスを軽減する方法があることを知っておきましょう。

 

借金の一本化はすべての債務者に向ている解決方法ではありません

 

運よく金利が低い金融機関で融資を受けることができれば大変ラッキーですね。
しかし現状は厳しい審査や低金利を見つけるのが大変で、なかなか借金をひとつにまとめたくてできない人も多いのです。

 

そこでオススメしたいのが当サイトでご紹介している弁護士相談
専門家のアドバイスを受け、自分の借金にぴったり合う解決方法を探してみましょう。
弁護士ではちょっと壁が高すぎる、と思っている方でも安心。
弁護士相談は無料で行っていますので、まずは気軽に相談してみましょう。