住宅ローン返済で困ったら

住宅ローン返済で困ったら

住宅ローンの返済を続けている途中で、何らかの理由で借金が膨らんでしまって返済していくのに困るような状況になった場合、その対処方法は4つが考えられます。

住宅ローンの返済でやってはいけない事

まず、最もとってはいけない対処方法は、無視をするということです。
返済期日が過ぎると、程なくして金融機関からの催促が始まりますが、催促を無視をし続けると分割返済の権利を失って借金の一括返済を求められるようになり、それでも支払いに応じなければ最終的には債権者によって裁判所に申し立てが行われ、住宅が競売にかけられることになります。

 

住宅ローンの返済で賢明な方法

逆に最も賢明な方法は、融資を受けた金融機関に相談することです。
相談内容次第では、返済方法を変更して、毎月の返済額を減額してくれる可能性があります。
ただし、返済額の減額は、返済期間の長期化と総返済額の増加を伴うことになるので注意が必要です。

 

どうしても返済が難しい時は・・

返済が困難になるほど借金が膨らんでしまった場合には、まず任意売却の手段をとることができます。

 

競売は住人の意思に関係なく手続きが進んでいきますが、任意売却だと住居を失うことになりますが、競売の場合より多くの金額を手にすることができます

 

手にしたお金は、住宅ローンの返済にあてられ、余ったお金がある場合は他の借金の返済にあてたり、生活基盤の再構築のために利用することができます。

 

住宅ローンの返済で法的手段をとる場合

任意売却の手段をとっても借金が多く残るようであれば、裁判所に個人再生か自己破産を申し立てて債務の免除を受けるのが最良の対処方法です。

 

法的手段を講じることを考えている場合は、
借金問題を専門とする弁護士や司法書士に相談すれば、
依頼者にあう最良の策を考えて、実行してくれます。