夫の借金が発覚した時の対処

夫の借金が発覚した時の対処

夫が知らない間に借金をしていたという場合にはまずその金額と借りた先を確認しなくてはなりません。
どの業者からいくら借りたのか、それはいつまでに返済するのか、返済の可能性はあるのかといったことを確認しなくては話は前に進まないからです。

 

その確認ができて、もし返済ができるということであれば今後借金をしないように約束させて、あとは返済をして行くようにすれば基本的には問題ありません。
ですが夫の借金が発覚して、それが積み重なっていたという場合にはすでに返済ができないほどの額になっていることも多いでしょう。

 

この場合検討するべきとなるのは財産を処分して完済を目指すか弁護士などに相談して債務整理をするかです。

 

現実的なことを考えると選ぶべきなのは債務整理の方でしょう。
財産の処分は一時的に支払い能力を引き上げてくれますが、売れるものを処分していくと生活が成り立たなくなることもありえますし今後の夫婦関係に大きな亀裂を作ることにもつながりかねません。

 

現実的に考える借金問題の法的手段

借金の額が少ない場合には任意整理や特定調停、額が大きい場合には個人再生か自己破産を選ぶのが一般的ですが、これらの方法について
弁護士から正確なアドバイスをもらいつつ判断して行くことが必要です。

夫の借金は妻に返済義務はない

ちなみに法律的なことを言うと、夫が勝手に作った借金であり、それが家族の生活に関係のないものであった場合には妻に対して返済義務が生じることはありません
この法的知識が必要になるのは離婚を検討している段階でのことでしょうが、離婚をまだ考えていない場合であってもこのことだけは必ず知っておくようにしましょう。